猛暑と節約

2018.7.3

 大雨が降って被害が出ている地方もあるようですが、埼玉は連日の猛暑です。明け方4時ごろトイレで起きると、その時だけわずかな涼しさを感じますが、後はとにかく1日中暑いです。

 「熱中症に注意」「こまめに水分補給を」と言われていますので、手元にハワイでもらったマグカップを置いて、これで水やジュース、コーヒー等を飲みながらこういったブログを書いていますが、外の暑そうな景色を見るとげんなりです。

 梅雨明けが早かったので、この猛暑はあと二か月ぐらい続く可能性もあり、健康を害する人が続出するのではと思っています。我が家の息子も先日急性の胃腸炎症状を呈して、1週間から10日体調不良を訴えていましたが、ようやく回復。

 ただ原因は不明。食べたものが良くなかったのではと思っていますが、自宅で私が調理したものが原因なのか、仕事先で食べたものが原因か全く不明です。

 ただ空気中には多数のカビの胞子みたいなものが飛んでいるようで、食べ終わった後の食品を半日放置すると、表面にうっすらとカビのようなものができていることがあり、こんなことはあまり経験がないので、ちょっと空気の衛生状態に不安を感じています。
 
 というわけで、このところのおかずは、できるだけ作り置きはしない。余ったらすぐにラップをかけて冷蔵庫、ということを意識して行うようになりました。

 さて、今日も6時半に起床。ストレッチをして、朝食はごはん。おかずは目刺しをメインにして、後は昨晩の残り物。食べながらテレビを見ると、思った通りサッカーの話題ばっかり。

 日本は3:2で惜しくも負けてしまったようです。しかし点数だけを見た印象では、ずいぶん頑張ったなという感じです。ただほぼすべてのチャンネルがサッカーの話題で盛り上がっているのは、やはり「騒ぎすぎだろう」と思えてしまいます。

 というわけでへそ曲がりの私は「まあいいや」と思ってスイッチオフ。新聞に集中。当然ながら新聞にはサッカー以外の話題も豊富です。

 特に残念だなと思ったのは桂歌丸さんが亡くなられたこと。印象に残っているのは、職場(高校です)の芸術鑑賞会でこの方の落語を聞く機会があっこと。

 最後の挨拶で生徒に向けて「勉強ばかりじゃだめだ。好きなことを一生懸命やりなさい」と言ってくれたのが印象に残っています。ご冥福をお祈りします。

 続いて気になったのが米中の貿易摩擦による世界経済への影響。この影響はかなり大きそうで、場合によっては日本経済も大きく打撃を受けるのではと思っていますが、テレビでは固すぎる話題なのかほとんど取り上げられていないような気もします。

 年度当初に株式投資のセミナーで、今年は前半は調子が良いようだが後半が不安という講演者の話がいまだに印象に残っていて、現状は日経平均を見ても、ちょっとまずい状況になっているなと感じています。

 私の持ち株も損切のタイミングを失ったままじわじわと値を下げていますので、ちょっとばかり株情報を見る元気が失われています。

 食後は市民農園やスーパーに行っていつも通りの生活。午後は暑いなとおもいながらエアコンの部屋で昼寝。家にいればお金を消費することもないので、ある意味猛暑は節約になっているかもしれません。
 



次のページへ


退職後の生活(4)


表紙に戻る