投資信託一部解約のタイミング

2018.6.6

 暑い1日でした。たぶん最高気温は35度を越していたのではないでしょうか。朝は6時半に起きてストレッチを行いパンで朝食。おかずは昨晩作ったチキンのチーズ焼き等。食後にリンゴを1個。

 息子の出勤を見送ってすぐに市民農園へ。ナスやトマトを収穫して暑い中フ〜フ〜言いながら除草。トマトを実家に持っていき母親の体調を確認。

 帰宅してエアコンを入れてブログの更新作業をやっていたら、どういうわけか急に眠気が。「昨晩は良く寝たのになあ」と思いながら素直に昼寝というか朝寝?30分ほど寝たらすっきりしたので、昼食。

 適当におかずを見繕って昼食後は買い物。今年はキューリは早々と全滅しましたが、ナスは豊作のようで、冷蔵庫内にまだ10個ぐらい眠っています。というわけで、ナスの炒め物を作ることにしましたが、基本的にスーパーで買うものはほとんどありません。

 それでもスーパーの策略にはまって、不足していると思われるものをチョコチョコと買って3時過ぎに帰宅。再びエアコンを使って株価のチェック等を行っていたらまたしても眠気が。
 
 というわけで、朝寝に続いて昼寝を30分。もしかしたら猛暑の疲れがたまりつつあるのかもしれません。母親もここのところちょっと血圧が上がり気味だと言っていました。

 「こりゃ体がかなり疲れているのかも」と思ったので、しばらく録画したテレビ番組を視聴。珍しく受け身の姿勢でぼ〜っと眺めていましたが、あっという間に1時間が過ぎ、早くも夕食準備の時間です。

 ご飯を炊いて、サラダとナスの炒め物を作って、とりあえず基本的作業が終了。ニュースを見ながら夕食を食べ終え、ようやくこのブログの更新という1日でした。

 話変わって、時間分散を意識して、預貯金の一部を引き出しながら、毎月一定額を積み立てている投資信託ですが、徐々に総資産に占める投資信託への投資の割合が高くなっています。

 この割合は、何割ぐらいが適正なのかは不勉強で良く分かりませんが、預貯金全額が投資というのは、価格の変動も大きいことを考えると、あまりにも危険だろうという気がしています。

 さりとて、投資額が少なければその利益も小さい(リスクも小さいわけですが)わけで、ころあいが難しいなと思うような段階になってきました。

 具体的には総資産の3割ぐらいかなという気がしているのですが、だとすればその3割を超えたらどうするのか、という問題が生じます。

 今のところ3割を超えたら、利益の出ている投資信託の一部を解約して2.5割程度まで投資額を下げ、積み立ては続行。再び3割を超えたらまた一部解約かなということを考えています。

 当然ながら今は利益が出ているので、こういうことも余裕で考えられるなと思っているわけですが、今後基準価額等が急落する可能性もあるわけで、その意味でも投資信託の解約のタイミングは難しいなと感じています。
 



銀行が勧める投資信託


早期退職者の資産運用


表紙に戻る