4泊5日の北陸旅行
三日目は九十九湾遊覧

2018.10.22

 4泊5日の北陸旅行に来ています。今日が三日目。一昨晩は魚津。昨晩は金沢泊です。旅行の目的ですが、能登半島の某所に祖父祖母のお墓があるので、その墓参りが第一。

 このお墓については、今後管理をどうするかということでちょっと悩んでいます。

 次が「旅行に行きたい」という私自身の希望を叶えるため。さらに行くなら水、空気、料理がおいしい場所。さらに海の景色が美しいところ

 最後に高速道路をひたすら突っ走り、海辺のシーサイドドライブをしたいという欲求。これにあちこちの観光名所を加えると、シニアのおじさんの私的な一人旅の完成です。

 ただ行く先々で幸せそうなカップルや、楽しそうな家族連れを見ると、ちょっと心が揺さぶられます。「あ〜あ、連れが生きていたら喜んでくれただろうな」という感触です。

 とはいうものの、イメージと実際は違うわけで、、生きて一緒に同行していたら、「そんなとこには行きたくない」とか「こんなものは食べたくない」といったすれ違いが起きることは間違いないですね。

 しかしそういったコミュニケーションを通して夫婦の付き合いが醸成されるわけで、パートナーを失ってしまえば気楽ですが、共感という満足感は得られないことになります。

 そんなことを運転しながら考えたりしていますが、あまり深く考えると悲しくなってくるので、適当なところで忘れるようにしています。

 さて旅行ですが、こちらに来るときの土曜日は高速道でワイパーが追いつかないぐらいの強い雨に遭遇しましたが、日曜と今日の月曜は大変良い天気に恵まれ、私の好きな海の青さを堪能できました。

 今日は能登半島先端近くにある九十九湾で観光遊覧船に乗船してきました。ただそこまでの距離が予想より長くて、結局1日がかりの往復になってしまいました。



能登半島九十九湾の遊覧船から

 というわけでそろそろ夕食に行ってきます。今日は金沢駅前のホテルなので、駅構内の百番街あたりでおいしい魚を食べようかなと思っています。 



4日目は倶利伽羅峠

趣味(旅行)


表紙に戻る