自粛生活も早や二ヵ月

2020.5.21

 昨晩も涼しい感じだったので、夏用のかけ布団から再び冬用の掛布団に変えたらよく眠れました。6時半に起きて、カーテンを開けると昨日同様雨模様で、気温もさらに低くなった感じ。

 朝食はパン。おかずは冷蔵庫内のものを適当に見繕って食後にバナナを1本。雨なので今日も息子を職場まで送迎。学校が再開していないし、テレワークが増えているのか、交通量は雨の日の通勤時間にしては信じられないくらい少ない。

 再び帰宅してコーヒーを飲みながら新聞を熟読。読み終わってパソコン前に陣取り、ブログの更新作業。更新のためにバンコクやハワイ関連のニュースを見ているのですが、タイでもハワイでも、すでに連日新型コロナウイルスの感染者が5名以下

 時には0名という日もあって、両者ともに少しずつ経済活動を再開中。その再開過程は参考になるなと思っていますが、日本よりも再開には慎重になっているイメージがあります。

 日本は数値目標を設定したのはいいのですが、今度は連日その数値ばかりが強調されるようになって、現在の医療体制がどうなっているかという記事が減ってしまいました。

 幸いに、ドラッグストアにはマスクも見られるようになりましたが、医療従事者用の防護服はまだ足りていないようです。

 一方4月の外国人旅行者が99.9%減って2900人しかいなかったと騒いでいる記事もあって、なんか外国人旅行者が少ないことが問題だと言っているような雰囲気を感じました。

 入国規制をしているんだから少ないのは当たり前で、私からすると2900人はむしろ多いのではという気がするのですが、たった2900人という表現だと、いかにも少ないことを嘆いている感じ。

 まあ旅行産業にしてみればそういう印象なのかなという気もしますが、今は少しでも感染拡大を抑えるために日本中が自粛中なわけで、なんかピントがずれているニュースだなと感じました。

 とは思いつつ、確かに旅行産業にしてみれば死活問題となり、5月末の様々な支払いができるのかと気を揉んでいる経営者の人も多いんだろうなという気もします。

 一連の作業を終えたのが11時半ぐらい。ちょっと市民農園の農作物を見に行きたいなと思ったのですが、外を見ると相変わらずの雨。

 というわけで早めに昼食の用意。Barillaのパスタを茹でて、ルーは青の洞窟シリーズのペペロンチーノ。コーヒーをつけてパスタセットの出来上がり。

 食後は雨の中近くのスーパーへ。スーパー内をウロウロして、チキンの胸肉や黒豚のブロックになったばら肉を購入。さらにイワシの開きがあったので、フライかかば焼きにするつもりで購入。

 他にも野菜やサラダの材料、あと少ししか残っていない醤油等を買っていたら合計が2700円ぐらい。二日分なので1日1500円という目標額をなんとかクリア。

 帰宅して眠くなったら昼寝だと思っていたのですが、良く寝たせいか睡魔にも襲われず、このブログの更新作業です。この後はいつも通りフルートの練習。

 さらに夕食づくり。毎日毎日ほぼ同じ生活サイクルで、さすがにちょっと飽きてきた感じ。息子も仕事から帰ってくると「カラオケ行きた~い!」と叫んでいますから、やはりストレスがたまっている感じ。

 ヤフーの最新ニュースを見ても、こんなことでなんでそんなに怒るの?と感じるようなニュースが増えているみたい。誰もがイラついているようです。

 人間は日々自由に行動できるのが一番。その行動を少しでも他人から制約されたくないと感じる動物なんだなと改めて認識しています。






遂に規制解除


老後の健康(2)


表紙に戻る