遂に規制解除

2020.5.26

 昨日夕方安倍総理が記者会見を行い、すべての都道府県の規制が解除されました。会見も10分程見ていましたが、やっぱり内容が分かりにくい。

 というか話の内容があっちへ行ったりこっちへ行ったりという感じで、どこに論点があるのかが良く分からない。パワーポイント等を使って説明してくれるといいのになあと毎度思うのですが、どうも使う気はないみたい。

 であるならせめて内容を項目別に、第一に・・・・、第二に‥‥と言ったようにまとめてもらいたいなと感じます。とはいうものの、全国民に対して、日本を代表して分かりやすい言葉で話しかけるというのも大変なことだろうなとは感じます。

 幸か不幸か、原因は不明なまま、日本は何故か感染爆発も起きず終息に向かっているようですが、基本的には多くの人たちが、マスコミの奮闘もあったのかソーシャルディスタンスやマスクの着用、うがい、手洗い、さらには不要不急の外出自粛という行為を行った結果だと私は思っています。

 個人的には第一段階で感染が拡大する要因が、上記の生活慣習でかなり抑制されたのではと思っています。またPCR検査数が少ない割には医療現場の奮闘もあって、亡くなられた方が諸外国に比べて少ないことも良かったなと思っています。
 
 ただ中には検査ができないまま症状が悪化して亡くなられた方もいましたから、そういう方が身近にいたらさぞかし無念だろうなと感じます。

 またそういったニュースを聞いて、もし自分が感染したらどうしようか?息子への申し送りを考えておかないといけないなと改めて感じました。

 てなことを考えながら、宣言解除を機会に、今日の午後は久しぶりに近所のショッピングモールへ行ってきました。しかし広大な駐車場に駐車している車は、以前のウイークデーの時よりかなり少ない。

 これならモール内も空いているだろうと、ちょっと安心して中へ。最初に衣料品売り場に行きましたがお客さんは皆無。冬物セールもすでに終わっていて、今は夏物。
 
 ただ夏物は定価販売のものが多いので買う気になれません。フードコートを覗いてみると、4人掛けのテーブルは、隣り合わせた2人分の椅子だけが置かれ、対面には座れない感じ。

 それでも5割ぐらいのお客さんがいました。一部の店はまだ営業を再開していないようでしたが、今後徐々に再開する感じです。スタバも見てきましたが、注文カウンターからソーシャルディスタンスを意識した並び順が床に示されていました。

 さらにモール内をうろついていると、これまで全く見かけなかったマスクやアルコール消毒液が一気に供給され始めたようで、マスクは1枚70円ぐらい、消毒液は1ボトル1000円ぐらいで販売されていました。

 アルコール消毒液は、仕入れ価格以上の転売禁止処置がとられるとのことで、価格高騰を目指して倉庫に眠っていたものが一気に出てきたのかもしれません。

 しかしこうなると、逆にちょっと「いまさらそれはずるいだろう」と感じて、結局購入せず。ともあれ、供給が復活し、庶民がいつでも適正価格で買えるようになったのは良かったなと思っています。

 てなわけでモール内を一回りして帰宅。今後は段階を踏んで、徐々に移動規制も解除されるみたいですから、そうなったら群馬県の古墳見学や、湘南に行って投げ釣りでもしたいなと思っています。





無症状の陽性者


老後の健康(2)


表紙に戻る