2020年は世界的に大荒れ?

2020.1.8

 6時半に起きると結構寒い。ファンヒーターをオンにして、室温が13℃になったところでストレッチ開始。15分程度で終了し階下のリビングへ。

 外を見ると路面がぬれていましたが、雨は小雨。「寒いなあ」と思いながら、今日の朝食はご飯。おかずはおでんの残り。ようやく平らげました。

 テレビのニュースを見たら、未明にイランがイラクの米軍基地にミサイルを発射という記事が飛び込んできて騒然としている様子。「やっぱりイラン側も黙っているわけにはいかないよな」と思う部分もありますが、場合によっては悪循環かもという不安も感じました。

 当然ながら為替もドル安となるはずで、逆に言えば円高。という事は国際情勢の混乱と為替の影響で今日の株式は下落だなと予想。昨日折角一昨日落ちた分、戻っていたのにと思わないわけでもないですが、私の力ではどうなるものでもないので静観するだけ。

 しかしまあ人騒がせな大統領だなアと感じます。しかも今回の要人の殺害命令は、十分な審議も経ず一部の人の決定で行い、なおかつ実施後に僅かな文字数のツイッターで報告?というのが、何とも軽い。

 大変申し訳ないけど緻密な思慮深さというのがほとんど感じられない大統領だなという気がします。とはいえその大統領と安倍総理は大変仲が良いという事になっているようですから、「どうして仲が良いの?」と疑問に思わざるを得ません。

 まあ日本はアメリカの庇護のもとにあるという解釈ならば、常にアメリカにへりくだって付き従うしかないという事なのかもしれませんが、やっぱりなんか悲しいなと感じます。
 
 一方オーストラリアの山火事は一向に衰える気配もなく、日韓関係も解決の糸口はほとんど見えません。温暖化で海面や海水温が上昇し、採れるはずの水産物は減少。

 その上今回のイラン問題が上乗せされ、世界的にどこもかしこも問題だらけという気がしてきました。さらにヤフーニュースには遠からぬ時期に大地震が発生するかもなんていう恐ろし気な記事も書かれています。

 それぞれ問題の原因は異なるにせよ、何だか人類全体が破滅に向かって突き進んでいるかの様相だなと感じます。こうなってくると日本という国の借金や社会保障問題、年金問題、少子高齢化という問題も実に些末な問題に見えてしまいます。

 しかし地球規模の問題は、いずれじわじわと日本人一人一人にその影響が出てくることは間違いないです。その影響と、いま日本が抱えている独自の問題が重なると、正直お手上げになりそう。

 早い話、原油が高騰し、夏の気温が40℃を突破し、周辺海産物の漁獲量が激減。その上大きな気象災害や地震に襲われるなんてことも考えられるわけで、波乱万丈?

 私は小心者で、物事を悲観的に考えてしまうのですが、そういった悲観的な予想の元になんとか60年以上生きてきて、とりあえず早期退職したものの年金暮らしをそこそこ楽しめる生活環境を維持しています。

 つまりあらかじめ危険を察知、若しくは予想してそれを避けるような生活プランを作成。そのプランを実際に実施することによって今の生活になったと若干自負しているのですが、今の世界情勢はそういった予測が全くできない感じです。

 とはいえ自然環境の変化はおいそれとは変えられないので、せめて政治的な紛争だけは避けてもらいたいです。





次のページへ


政治経済(2016〜)


トップページへ