「暮らすハワイ」を楽しむ

ハワイ二日目の滞在を楽しんでいます(2015.3.15)

おはようございます。と言ってもハワイではすでに昼を過ぎた3時半です。午前中は、これから予定しているオプショナルツアーの予約に行き、その後バスを使って大好きなショッピングエリアへ。

 別に買い物が好きなわけではなく、その地区の雰囲気が好きで、滞在中は必ず通います。普通の人はアラモアナセンターに行くと思うのですが、私はそのちょっと先のワードエリアと言うところが好きです。

 一回りして、食事をして、飲物を飲んで帰ってきただけですから、別に無理に行く必要もないわけですが、ウォーキングを兼ねた町歩きを楽しんでいます。

 その後一旦部屋に戻り昼寝。今ちょうど起きたところでパソコンを開いて、これを書いています。

 今回宿泊している場所ですが、ワイキキのほぼ中心部にあるフードパントリーというスーパーマーケットのちょっと裏手にあります。日本のガイドブックでは、全く紹介されないような建物ですが、ハワイ暮らしが大好きなリピーターの間では、名前だけは知られていて「ワイキキ・ラナイズ」といいます。

 建物は21階建てで高層ではありませんが、そこの14階の角部屋。正面はワイキキの海の方ですが、この階数だとほとんど見えません。ただ見晴らしは良いので、気持ちが良いです。

 部屋は大きなリビングルームの角にフルキッチンがあり、中央にカウンター式のテーブルがあり、そこにパソコンを乗せてこれを書いています。

 ソファーもあるのですが、フカフカしていてちょっと入力には不向き。部屋には無線LANが完備。ベッドルームが別にあり、これが見た目の広さですが12畳以上あると思います。

 そこにキングサイズのベッドがあります。さらにベッドルームから洗面所に入る構造になっていて、いわゆるバストイレが3畳ぐらいの広さ。

 建物は古いと思うのですが、部屋はきれいに修復され清潔感もあります。全体の広さは60m2ぐらい?我が家の自宅の1階よりも広いです。(笑)

 そんなところに一人で宿泊なんてのは贅沢すぎる気がしますが、宿泊費が1泊100ドルちょっとなので、決めました。予約は英語サイトで、危なっかしい英語で予約しましたが、その関係か宿泊客はほぼ100%、欧米人のようです。

 ハワイの実情をご存じの方もいると思いますが、最近は宿泊予約を日本語で行えるようなサイトの物件はどんどん値上がりしていて、安くても1泊150ドルぐらいすることが多いです。

 というわけで、贅沢だ、と思いつつハワイで暮らす感覚を楽しむために決定。まさにうってつけの場所を選んだなと思っています。

 ちなみに私が利用している宿泊サイトは「バケーションレンタル・バイ・オーナー」というところで、個々の部屋についてレビュー評価も出ています。この部屋はレビュー数も多く、評価も高かったことで最終決定をしました。

 帰国後ハワイ旅行関係のメインサイトで、写真も交えて、改めて紹介する予定です。


表紙に戻る 趣味(旅行) 一人旅でも面白い