特定検診を受診

2018.9.28

 昨晩は妙に涼しくて、夜は眠りが浅くなったようで、その分睡眠時間が長くなり7時の目覚ましで起床。しかしカーテンの隙間から太陽光が漏れていて、「こりゃいい天気かも」と元気に起床。

 起きてカーテンを開けると久しぶりの青空。「こりゃ気持ちがいいや」と思いつつ、ストレッチ。寒そうに感じたので長袖の着替えを持って階下のリビングへ。

 朝食は抜きです。今日は近所の病院で特定検診を受ける予定。というわけで、新聞をじっくり読みながら息子の出勤を見送って、先ずは洗濯。前回洗ったものもまだ湿っている状態で次の洗濯となりました。洗濯機を動かしながらブログの更新作業。

 しかし更新作業を終了することなく出かける準備。検診の集合時間は10時。我が家から車で10分ぐらい。行ってみるとすでに受付が始まっていました。

 最初に尿検査。紙コップを渡されるのかなと思っていたら、大きめの綿棒のようなものを渡されて、そこにおしっこをかけてビニール袋に入れて返却だそうで、「少量で分かるんだ」とちょっとだけ科学の進歩に感動。

 続いて身長体重の測定で、だいたい把握している通りの数値でした。BMIは20をちょっと切るぐらいで、やせ気味ではあるものの正常範囲みたいです。

 続いて血圧測定。昨日から急に冷え込んだので、朝事前に測定したら160/90ぐらいあって、こりゃちょっと問題だなと思いました。実際に測ってみたら140/80ぐらいで、下が低くなりちょっと安心。

 そして聴力検査。大きなヘッドフォーンみたいなものをつけるのかなと思っていたら、何やら小さな機械をかざして、そこから発せられる低い音を聞くだけ。問題なくあっという間に終了。

 次が心電図。いつもながらちょっと緊張しますが、結果は良く分かりません。さらに私が最も嫌いな血液検査。私は針が刺される時のチクッとした痛みが大嫌いです。

 ただ最近、「痛いぞ痛いぞ」と思うとかえって痛く感じるということが分かり、「軽く手を握って」と言われたときも、なるべく脱力して手を握るようにしてからそれほど痛みを感じなくなりました。

 しかも今日採血してくれた看護師さんはベテランだった様で、確かにチクッとした痛みしか感じませんでした。今日は3本分の血液を採りました。

 最後に内科の先生の診察。ここでちょっと気になることを言われました。どうやら心音に少し雑音があるということのようで、後日かかりつけの診療所で詳しく聞いてこようと思っています。

 というわけで一連の検診が終了。帰りがけに実家に寄って退院した母親の様子を確認。「良く寝ている」と言っていましたのでちょっと安心。

 ただ在宅酸素療法となって、常時チューブでわずかな量の酸素を吸っていますので、そのチューブが邪魔だと言います。家中動き回るために、長さ10mのチューブを使っているのですが、それが歩くときは結構邪魔になるようです。

 というわけで、いったん家に戻り昼食を食べてから近所のカインズホームに行き、廊下の上のほうに設置できるようなカーテンレールを買ってきました。

 明日はこのレールを廊下の適当な場所に設置して、そこに酸素のチューブをひっかけるようにしようと思っています。こうすれば足元でチューブがとぐろを巻いているという状態は解消できそうです。

 レール購入後再び自宅に戻ってきたら、やはり昨晩眠りが浅かったのか、久しぶりに強い眠気を感じたので素直に昼寝。起きたら1時間が経過していました。

 その後は株価のチェックを行い、洗濯物を取り込み、夕食の用意。というわけでこのブログの更新時間も今になってしまいました。



次のページへ


老後の健康(2)


表紙に戻る