突然の血圧上昇

2019.4.18

 寝坊して7時の目覚ましで起床。ストレッチは無し。実は昨日理由はまったっく不明ながら、突然血圧が上昇。朝方測定したら160/95ぐらい。

 その後、市民農園に行って激しい運動をしないようにしながらキューリの植え付け準備。これだけ動けば少しは下がっただろうと思って、昼近くなって再度測定すると180/100なんて言う数字も出て、さすがにちょっと不安になりました。

 医者に行こうかと悩みましたが、一時的な現象だと思われるので、薬を増量させるか、様子を見ましょうというぐらいの対応になると思われ、行くのはやめました。

 ただ、体調もいまいちで、肩は凝るしふらつきもいつもよりひどい。(クモ膜下出血の手術以来、後遺障害の一種だと思われるふらつきを常に感じています)

 「こりゃまたどこかに血栓でもできたのか?」と不安になりましたが、自分ではどうすることもできません。緊急時の対応として行ったのは、水分の摂取

 もし血液内の成分が濃くなって、粘性が悪くなったことによる血圧上昇なら、これで多少解決できるかなと思ったからですが、大目に水を飲んでもほとんど効果なし。

 だとすればやはり体の末端部分で血液の流れが悪くなり、それを脳が検知して、流れを取り戻そうとして血圧を上げているのではと判断し、ちょっとストレッチ

 これによって、上下5mmHgぐらい下がる傾向が見られましたが、大きな低下は無し。となると、あとは気分転換で注意しながら動き回るしかないなと思い、昨日の記事の通り周辺を動き回って夕食。

 食後しばらくして、なんとなく体調がよくなってきたことを感じたので再度血圧測定。結果は135/85で、いったい何が起きていたんだ?と逆に不安になります。

 まあそんなわけで、今日は少しゆっくり起きたということなのですが、今日の血圧は昨晩同様135/85で、だいたい平常通り。要は末端組織に何かが詰まって、それを流すために血圧を上げたら、そのつまりが解消したと考えると辻褄が合いそう。

 というわけで、今日も一応注意しながら朝食後は市民農園でキューリの植え付け。帰宅して旅行ブログの更新。昼食は上海焼きそば。

 食後はスーパーで買い物。チキン、アジのたたき、サラダ用の野菜といった定番の食材以外に、4割引きとなっていたひれ肉(明日の夕食用)、リンゴ2個、その他の食材を買っていたら2000円越え。

 ちょっと予算オーバーですが、明日のメインのおかず(ひれ肉)まで買ってしまったので、やむを得ないだろうと判断。レジに行くと、セルフレジが増えていました。

 人手不足と人件費の節約、さらにキャッシュレスの動きが本格化してきたなと感じます。いつものようにクレジットカードで支払ってショッピングポイントを獲得。

 これまた現金を使わないし、人がいて混んでいるレジに並ばなくても済むので、消費者にとっても便利ですが、どんどん無機質なやりとりが増えるなとも感じます。

 


医療の発達が長寿を実現


老後の健康(2)


表紙に戻る